就労移行支援事業所ユニラボ就労移行支援事業所ユニラボ就労移行支援事業所ユニラボ

Q&A

ホーム > Q&A

よくあるご質問

就労移行支援事業所とはどんな所ですか?
障がいのある人や病気を抱えている人のための「就職の予備校」のような場所です。
どのような方が利用していますか?
各種障がい(精神、発達、身体、知的、難病)を持った18~65歳の方々がご利用可能です。
どうすれば利用できますか?
基本的なご利用の流れは「お問い合わせ」→「施設見学」→「体験利用」→「受給者証申請」→「受給者証交付」→「ご利用契約」→「ご利用開始」となっていますが、見学や体験利用など一部は必須というわけではありません。詳しくはご利用の流れにてご確認ください。
どのような企業に就職してますか?
社会福祉法人の高齢者施設、障がい者就労支援員、グループホーム世話人、ホームページ制作会社、デザイン会社事務職、医療法人事務職、IT系企業専門職(SE)、国家公務員、飲食店、清掃会社、私立学校共済組合事務職、医療医薬品企業配送、地方銀行
相談や見学、体験利用はできますか?
できます。詳細については、ご利用の流れでご確認いただくか、お電話(011-688-5723)で事前にご確認ください。
利用日数や利用時間は相談できますか?
原則、月~金の10時~15時で利用していただき、1時間ごとに10分間、12時から1時間は休憩時間です。体調や通院事情等に十分に配慮し、相談しながらご利用いただけます。
利用料金はいくらですか?
ほとんどの方の場合、無料になります。一部、上限9,300円/月の自己負担が発生(前年度の収入が一定以上ある人が対象)するケースがあります。詳しくはお近くの市役所・区役所にお問い合わせください。
障がい者手帳は必要ですか?
障がい者手帳は必要ではありませんが、身体、知的、精神、発達障害、もしくは難病の診断を受けていることが必要です。
利用期限はありますか?
利用期限は2年間です。個別支援計画に基づいて、訓練や自習を積むことになりますが、最長で2年で訓練終了・就職を目指すサービスになります。
どんな作業プログラムがありますか?
介護福祉コース、ビジネスコースごとに課題に応じたプレゼン資料作成、発表。各利用者さんと協力して行う、グループワークなどがあります。詳しくはサービス内容にてご確認ください。
パソコン未経験ですが、問題ないでしょうか?
個人のスキルに合わせたスピードで訓練が可能です。たとえば、パソコンの電源を入れるところから始められる方もいますので、まずはお気軽にお問い合わせください。
工賃はもらえるのでしょうか?
就労移行支援での軽作業やその他のプログラム参加は労働ではなく、就職するための訓練です。そのため、プログラム参加に対して賃金は支払われません。(外部から作業を請け負って、工賃が出ることもあります。)
就職後もサポートしてもらえますか?
就労移行支援では、就職が決まってから6か月間の定着支援期間があります。就職が決まっても、業務の進め方や就職後の体調の変化について、企業訪問や面談を通して利用者にも企業にも助言を行います。
就労6か月後は、ほとんどの方が就労定着サポートセンターに登録されています。