克服したい課題

ユニラボブログへようこそ。

今回はわたくしSMRがお送りします。

ではさっそくですが始めましょう!

わたしには克服したい課題が3つあります。

1.見通しがたたないことになかなか取り掛かれない
2.失敗を恐れるあまり、不十分な知識やスキルでは物事に挑戦できない
3.物事を持続することが苦手で、すぐに飽きたりやめてしまう

わたしはユニラボに来てこの2つ目の課題が解消されつつあります。

ユニラボでは実践的な活動が多いです。

人前で話すことに慣れるために毎朝数名の立候補で1分間スピーチをしたり、与えられたお題についてプレゼン発表をしたり、はたまたユニラボの社内周知ウェブを作ろう!というプロジェクトも実際にありました。

わたしは人前で話すことが苦手だったので、1分間スピーチやプレゼン発表などは最初のうちはとても気が重く感じていました。

しかし、「とりあえずやってみる」という経験を積み重ねるうちに徐々に苦手意識や気が重くなる感覚が薄れてくるようになりました。

わたしは「とりあえずやってみる」という言葉を、このユニラボで大切にしています。何事も準備が整わなければアクションを起こせない自分が誰の中にも少しはいると思います。

ユニラボでは挑戦する気持ちを歓迎する気風があり、サポートしてくださる心強いスタッフさんや仲間もいます。就労移行支援は失敗をたくさんする場です。就労移行支援という場を学びの場に変えるために、失敗するという経験からは逃れられません。そのように一種の開き直りができれば、より主体的に活動に関わることができる気がしています。

充実した毎日を送るために

こんにちは、Yです。

11月15日木曜日、ボージョレ・ヌーボーが解禁されました。

ボージョレ・ヌーボーとは、フランスのボージョレ地域で造られるその年に収穫されたぶどうをその年に仕込んだワインのことで、「ヌーボー」とは新酒を意味しています。

テレビでは、解禁日の午前0時に販売店の前に人が集まり乾杯している様子が放送されていました。

そもそもボージョレ・ヌーボーとは、その年のぶどうの品質をチェックすることが目的でワイン業者に対して販売されていたのですが、現在ではイベントとして一般向けに販売されています。

世界中で飲まれているボージョレ・ヌーボーですが、国別の輸入量では日本が全体の6割近くを占めているそうです。
日本人のフランス文化への関心が高いというのも関係あると思いますが、初鰹や初鮭などのように初物というイベントを大切にする風習も影響しているのだと思います。

ユニラボでは、毎日の朝礼で決められたテーマについて数人がスピーチを行う「1分間スピーチ」というのがあるのですが、先日のスピーチでは「イベント」についてスピーチを行いました。

資格試験や就職試験などのイベント、旅行に行くといったようなプライベートなイベントなどいろいろありますが、イベントがあることで目標に向かって努力したり、嫌なことを乗り切る力になったりすることもあると思うので、「イベント」を大切に充実した毎日を送れるようにしていきたいですね。