インフルエンザ予防

皆さん、こんにちは。YYです。

最近、雪が多くなり寒いですね。(ここは札幌なので)
寒暖差アレルギーで喘息の出る僕は、外から室内に入った時に一番咳が出ます。
今はインフルエンザA型、流行していますね。

僕も一月にA型にかかってしまいました。
身体がとてもだるく、つらかったです。

A型はかなり感染力が強いみたいで、家族にうつらないように、部屋にアルコールスプレーをまいたり、やかんでお湯を沸かして加湿したり、対策をがんばりました。その成果があったのか、誰にもうつることはなく、一週間で完治させることができました。

加湿すると菌が弱まると聞いて実践していたのですが、「Y!知恵袋」の情報によると、湿度50%、室温21~24度で約6時間加湿することで、ウィルス生存率が3%まで下がるそうです。

加湿器などがなかったとしても、やかんでお湯を沸かしたり、洗濯物を干したりすることで、十分に対策ができると思うのでオススメです。

春が来るまでもう一息(?)なので、マスクやうがいなどで予防しつつ、日々健康に過ごしていきましょう!

インフルエンザ流行中

こんにちは、Yです。

現在、就労移行支援ユニラボではインフルエンザが流行しており、利用者の約半数が感染しました。インフルエンザの予防には手洗いやうがいなど様々な方法がありますが、今日は「マヌカハニー」というはちみつをご紹介したいと思います。

マヌカハニーとは、ニュージーランドで自生するマヌカという花から採れるはちみつのことです。

マヌカハニーには「食品メチルグリオキサール」という他のはちみつには含まれていない殺菌成分が含まれており、その成分が喉の炎症に効果を発揮するそうです。その他にも整腸作用も期待されるはちみつであり、腸内環境が改善することにより免疫力の向上にも役立つそうです。

インフルエンザに対する効能としては、感染後の抗ウイルス薬(リレンザやタミフル)の単独使用と比較して、抗ウイルス薬とマヌカハニーを併用した場合、抗ウイルス薬の使用量を1000分の1まで減らしても同等の抗ウイルス効果が得られるという研究結果があるそうです。

最近ではマヌカハニーを使用したのど飴もありますので、食品からも風邪やインフルエンザへの対策を考えてみてはいかがでしょうか。