冬の代名詞

こんにちはNです。

つい先週までは札幌では雪など降っておらず、通勤が非常に楽に感じていたと思っていたらいきなり冬になりましたね。おそらく来週以降はとんでもない量の雪が降って来そうです。

氷点下の日々が近づく中、暖房をガンガンと焚いている家も多くなっていますね。ところで私は生まれてこの方「こたつ」というものを使ったことをありません。なので、その利便性も快適さも全く知りません。一体どういうものなのか気になったことは何度もありますが、置いてある友達の家は一件もありませんでした。

それもそのはず、北海道のこたつの普及率は23%と47都道府県で47位と最下位で、沖縄よりも少ないようです。

理由として暖房設備が整っているから、こたつがなくてもなんともないから……という当然なもの。つまり家全体が温まっているのでこたつを置く必要がないというわけですね。

北海道でこたつが使われていないことは道外の人には驚かされるようですが、個人的には道外ではどうやって冬を乗り切っているのか気になります。逆に言えば北海道は、こたつ一つだけでは冬を乗り切れないということですね。