適職診断・性格診断

こんにちは。ブログ修業中のTです。

元号が変わるまで残り半月となりましたね。今回は事業所での出来事について書きたいと思います。

現在、事業所内ではインターネットから無料で診断ができる「適職診断VCAP」と「性格診断テスト」が突然流行り出しまして、診断してみた結果ほとんどの人たちが当たっていたみたいです。

自分も診断してみた結果、ほぼ当たっていました。

適職診断の結果は「責任感過剰タイプ」、性格診断の結果は「擁護者タイプ」でした。

 

「これって偶然当たっていただけで、もう一度やってみると変わるのではないか…」と思い、何度かやってみましたが、同じ診断でした。

人によっては診断結果が微妙に違ったりするとは思いますが、こんなにも当たる診断テストが無料で出来るなんて凄いなぁ!と思いました。

もし、興味のある方はURLを載せておきますので試してみてください。無料なので具体的に書いているわけではありませんが、やってみると面白いと思います。

 

■適職診断VCAP■
http://vcap.vone.co.jp/

■無料性格診断テスト16Personalities■
https://www.16personalities.com/ja/%E6%80%A7%E6%A0%BC%E8%A8%BA%E6%96%AD%E3%83%86%E3%82%B9%E3%83%88

お局の気持ち

こんにちは、お局です。

 

だんだん暖かくなり、本当に背中の“カイロ”ともお別れできました。

やっと春になったかな。・・・と思ってもまた雪が降ったりとよくわからない四季になっていますよね。

 

最近、テレビのクイズ番組で「“かつお節”のもとになるこの塊は何でしょう?」という問題がでました。なんと「木」・・・という回答が出てきました。

・・・びっくり。のひと言しかありません。

みなさんおわかりですよね・・・?もちろん、「かつお」です!

「この人は木くずと思っていても豆腐などにかけて食べていたのか!」

お局的感想になってしまいますが、

「これからの時代は食べ物のもともとの原材料は何なのか?と考えないで食事をする人や旬の食べ物もわからない人が多くなってしまうのか?」と悲しくなってしまいました。

 

いつでも好きなものを安く食べることができることは嬉しいことですが、その季節にしか食べられない“旬なもの”を食べられることも嬉しいことですよ。

仕事における「共同作業」について

こんにちは、SMRです。

今日から新年度ですね。世間は新元号の話で盛り上がっていますが、平成生まれというだけである程度の若さを暗に主張できた時代にもひと区切りがつき、時の流れを感じますね。

 

さて、元号の話はここまでにして、今回は仕事における「共同作業」について思うことを書いてみたいと思います。

仕事は一人でするものもあれば、他の人と協力して進めるものもあります。

私はどちらの作業も好きなのですが、他の人と協力しながら作業をする場合には主に2つのことを大切にしています。

1つ目は、周りの人と互いに補完し合あうことです。

人それぞれに様々な得意不得意がありますが、その違いをうまく補い合うことこそチームワークというものは力を発揮すると思います。
逆に言えば、それができない場合は共同作業する意味がほとんどないのではないかなと感じます。では補完し合うためには何が必要になるのかという観点から2つ目の大切にしていることが生まれます。

2つ目の大切にしていることは、自分の仕事の影響を他の人がどう受けるのかを意識することです。

共同作業とはいえ、実際は一人で取り組む作業というのも多くなると思います。ですが、その仕事の先にはその仕事の影響を受ける他の人がいるものですから、たとえ一時的に一人で作業する場面というのがあったとしても、仕事というのは影響を受ける他の人を意識したものにするのが望ましいと思います。

働くとは他人(ハタ)を楽(ラク)にするものだと何かの本で読んだことがあるのですが、共同作業でもその”ハタラク”を皆が意識しながら仕事をできる現場はとても健全で理想的な場所なのではないかなと感じました。

ちょっと早いエイプリルフールネタ

こんにちは、Nです。雪が解け始めようやく春が近づいたと思ったら、雪がまた降り始め、そう思っていたらまた暖かくなったりと、実にせわしい天候になっていますね。

そういうわけで来週には早くも四月。
四月の最初のイベントといえばやはりエイプリルフールでしょうか。

エイプリルフールの起源は諸説ありますが、有力な説は1564年にフランスのシャルル9世が1月1日を新年とする暦を採用し、これに反発した人々が4月1日を「嘘の新年」とし、馬鹿騒ぎをはじめたのが起源だと言われています。また地域によってはそのルールも違っており、有名なのは嘘がつけるのは午前中までで午後になったら嘘だと教えるというものですね。

そしてエイプリルフール当日は企業のHPなどで面白おかしいイベントがあるのも楽しみです。この日だけのために作った動画やゲームがあり、なんだか贅沢な気がします。

ちなみに過去に企業がついたジョークが真に受けしまい都市伝説と化したケースもあり、有名なのは「アポロ計画陰謀論」や「捕まった宇宙人」でしょうか。エイプリルフールのみならず、嘘をちゃんと見抜けないようにしないといけませんね。

思い込み

こんにちは。ポカです。

今回は、日ごろ、ありがちな思い込みについて経験談を語ろうと思います。

私、今年に入って体を鍛えなおそうと思い立ち、エアロビクスと筋力トレーニングを始めました。始める前は、「まーそんなにキツクはないでしょ」とか「元々、体を動かしていたし大丈夫」と、根拠の無い自信がありました。が、しかし・・・

いざ始まると、エアロビクスに関しては動きについていけず、悪い意味で目立ち、筋力トレーニングでは腕プルプル状態でした。初回を終わってみて感じたのは、何でもそうだと思いますが、「まー大丈夫だろう」とか根拠の無い自信(思い込み)って、考え方一つで恥ずかしい思いをする事もあるんだなと、今更ながら感じました。

ただ、根拠の無い自信(思い込み)って、時としては必要なときもあると思います。モンモンと悩むより根拠は無いけど、とりあえず挑戦してみる事も大切なのかなと勝手に思い込んでいる今日この頃です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

駄菓子屋のミニチュア

こんにちは、就労移行支援事業所ユニラボのTNです。

少し前ですが、2月10日(日)に行われた
第87回ストリートアート・マーケット IN アトリウムに行ったときに
買った駄菓子屋のミニチュアについて紹介しようと思います。

私も子どもの頃、ちょっと離れたところに駄菓子屋があったので
懐かしく感じたのとミニチュアが好きなので、1800円と少し高いと
感じましたが、細かく作られているのに引かれて購入しました。

店員さんに話を聞くと、お菓子などのミニチュアはカラーコピーで
縮小して接着剤で貼り付けたものだそうです。
細部までお面、看板、お菓子で敷き詰められていて芸が細かいなと
感じました。

今後このようなハンドメイドのイベントで、このようなミニチュアが
あったら見てみて購入するか考えたいと思います。

エコドライブで安全運転。

こんにちは、就労移行支援事業所ユニラボのNTです。

私は普段はパソコンで作業する事が多いですが、自動車を運転する実習もあります。
自動車を運転する際に心がけていることが、エコドライブで安全運転です。

エコドライブとは、環境に配慮した運転方法です。
エコドライブのメリットは環境面だけではなく、マイカーの燃費の向上によるコスト削減、余裕を持った安全運転による事故防止など経済面と安全面でのメリットも大いに期待できます。

“エコドライブ10のすすめ – YouTube”
https://www.youtube.com/watch?v=kiB4JhVab1c
特に、車間を長く空けて運転すると、急ブレーキをかける事が減り、安全かつ経済的な運転が可能です。

 

書類をデータ化に!!

こんにちは、ブログ修行中のTです。

早いことに平成も残り2ヶ月になりましたね!!

2019年5月1日に新元号に変わります。と発表された時は、

「まだ、1年以上も先のことだなぁ…」

と思っていましたが、気付いたら2ヶ月後になっていました…。

皆さんは思い残すことなく過ごされていますか?

自分は思い残すことなく過ごせるように一日一日を大切にして頑張っていきたいと思っています。

さて、今回は就労移行支援での活動の一つとして、殆どの人が一度は使ったことのあるExcelでの作業をしました。

色々な作業をしたりプロジェクトに参加している中で現在、手書きで作業をしている「記録表」があるんですが、これはデータ化したほうが良いのではないかということになり、事務の就労を目指している自分が作成することにしました。

「実戦と経験を積むのが一番ですからね!!」

Excelの基本の複数の機能を使って表面に必要事項などを記入する欄を作成し裏面に表を作って自動計算されるよう関数を入れ、上書きをされないようにシートを保護したりと基礎知識だけを使って今回作っていました。

「関数はやっぱり常に使ってないと忘れるものですね…。」

オートSUMは忘れることないですけど「IF関数」とかは所々でド忘れをして、その度に

「あれ!?、どうやるんだったっけ??」

って、試行錯誤しながら作成していました。

実は自分は、今の事業所に来るまでは、(Word・Excel・PowerPoint)などoffice系のソフトの知識は殆どなく、文字入力や簡単な表計算が出来るくらいでした。

今の社会、殆どの会社が既に決まったフォーマットやテンプレートがあり、ただそこに文字や数字を入力すれば良かっただけでしたので、特に困ることなくきましたが、いざ、デスクワークの仕事をしようとなると、そう簡単にはいきません。

「やっぱり、【Word・Excel・PowerPoint】の基礎と応用が必要なのです!!」

なので、独学で勉強して半年間でMOSの3種類を取得しました。

もし、これからMOSを取得しようとしている方がいましたら、是非オススメします。

今はExcelで表の作成をしている時は、手順を考えるのがパズルのようで楽しいです。

時間と後悔

こんにちは、お局です。

だんだん暖かくなり、この冬は“使い捨てカイロ”を一日2個、背中やおなかに張っていたのがウソのようです。(今は1個になりました)

先日はパウンド・ケーキを食べていただきありがとうございました。
(所長注:お局様は時々お菓子を振るまってくれます)

最後に作ったのはいつのことだったろう・・・という感じでした。
(あっ、でも多機能になる時にマドレーヌを作ったかも・・・)

そういえば「マドレーヌ」作りで思い出したのですが、「作ろう、作ろう」とは思っていてもなかなか行動できず、結局生地を寝かせる時間も足りず上手くできませんでした。

 

「時間を逆算し、余裕をもって動く。作る」ことが、「時間を逆算し、ぎりぎりこの時間までに動きだせば、間に合うかも」に変わっていました。
動き始めたら、5分で終わることを、何日も前から「やらなきゃ、やらなきゃ」と抱えていることのつらさ。
作業が終わった時の「なんで早くやらなかったのか。こんなにすっきりするのに」という後悔。

なるべく、
後悔のない時間の使い方をしていこうと思います。

ちなみにパウンド・ケーキに使っていたドライフルーツはブランデーに20年位漬けていたものです。
これは時間を使えば使うほど、美味しくなるので時間を無駄にしていません。

猫の日

お久しぶりです、地歴公民好きのKGです。

昨日2月21日に北海道で地震がありました。事業所の方は無事でした。皆さんもどうぞお気をつけて。

♪猫はこたつで丸くなる♪…ということで、冬の終わりが見えかけてきた今日は猫の日。1987年に制定されたそうです。地歴公民の話題と猫はちょっと結びつかないのでは?と思った方…安心して下さい!今日は戦国時代の猫のお話です。

みなさんも一度は見たことのある『招き猫』。その招き猫発祥伝説の一つに、東京都豪徳寺を発祥の地とする伝説があります。

江戸時代のこと、2017年大河ドラマで有名になった彦根藩・井伊家の2代藩主、井伊直孝が鷹狩りの帰りに豪徳寺の前を通りかかりました。その時、この寺の和尚の飼い猫が寺の門前で手招きするような仕草をしていたので、直孝は休憩をすることに。すると雨が降りはじめました。直孝は雨に降られずに済んだことを喜び、荒れていた豪徳寺を建て直すために多額の寄進をしたといいます。(この時、避けたのが雨ではなく雷だったとする話もあるようです。)その後、この逸話をもとに猫の焼き物が作られるようになり、これが招き猫の始まりだということです。彦根城のゆるキャラひこにゃんもこの逸話がモチーフになっています。

この逸話を聞いた時、「雨が避けられただけなのに多額の寄進って…」と少し驚きましたが、まだ科学的知識や天気予報、現在の様々な便利なモノのなかった時代の話。直孝の家までとっても距離があったとしたら?

直孝「鷹狩りの帰りで疲れてるのにとても歩けない!しかも雨に濡れて帰るのしんどい!道もどろどろだし、雷まで鳴ってんじゃん!さっきの寺で休んでおけばよかったー!!」

となってしまうことも考えられるわけです。そんな事態が回避できたのですから、ありがたがるのも道理、なおかつ直孝の時代がいかにデンジャラスだったかを逆に想起させる逸話だなぁと思いました。

また、現代の私たちは様々な便利なモノがあることに慣れてしまっていて、ありがたみが薄れてきてしまっているのかなとも思いました。科学技術・テクノロジー、社会インフラが整うまでには、歴史とその中に生きた人々のたゆまぬ努力が必ずあって、それが私たちの暮らしを作っていて、私たちはみんな歴史の上に生きている…。歴史や伝承、過去の人々の思いにふれるたび、やっぱり昔の人は偉大だなぁと思えます。やっぱり歴史を知るのは楽しいです。

さてさて、また長々と書いてしまいました…とある方が2万文字までいいよ!って言うから…。私は事業所で主にデザイン関係の業務を行っているので、今回、絵も描いてみました。ではでは、またブログに遊びに来てください!KGでした!!