猫の日

お久しぶりです、地歴公民好きのKGです。

昨日2月21日に北海道で地震がありました。事業所の方は無事でした。皆さんもどうぞお気をつけて。

♪猫はこたつで丸くなる♪…ということで、冬の終わりが見えかけてきた今日は猫の日。1987年に制定されたそうです。地歴公民の話題と猫はちょっと結びつかないのでは?と思った方…安心して下さい!今日は戦国時代の猫のお話です。

みなさんも一度は見たことのある『招き猫』。その招き猫発祥伝説の一つに、東京都豪徳寺を発祥の地とする伝説があります。

江戸時代のこと、2017年大河ドラマで有名になった彦根藩・井伊家の2代藩主、井伊直孝が鷹狩りの帰りに豪徳寺の前を通りかかりました。その時、この寺の和尚の飼い猫が寺の門前で手招きするような仕草をしていたので、直孝は休憩をすることに。すると雨が降りはじめました。直孝は雨に降られずに済んだことを喜び、荒れていた豪徳寺を建て直すために多額の寄進をしたといいます。(この時、避けたのが雨ではなく雷だったとする話もあるようです。)その後、この逸話をもとに猫の焼き物が作られるようになり、これが招き猫の始まりだということです。彦根城のゆるキャラひこにゃんもこの逸話がモチーフになっています。

この逸話を聞いた時、「雨が避けられただけなのに多額の寄進って…」と少し驚きましたが、まだ科学的知識や天気予報、現在の様々な便利なモノのなかった時代の話。直孝の家までとっても距離があったとしたら?

直孝「鷹狩りの帰りで疲れてるのにとても歩けない!しかも雨に濡れて帰るのしんどい!道もどろどろだし、雷まで鳴ってんじゃん!さっきの寺で休んでおけばよかったー!!」

となってしまうことも考えられるわけです。そんな事態が回避できたのですから、ありがたがるのも道理、なおかつ直孝の時代がいかにデンジャラスだったかを逆に想起させる逸話だなぁと思いました。

また、現代の私たちは様々な便利なモノがあることに慣れてしまっていて、ありがたみが薄れてきてしまっているのかなとも思いました。科学技術・テクノロジー、社会インフラが整うまでには、歴史とその中に生きた人々のたゆまぬ努力が必ずあって、それが私たちの暮らしを作っていて、私たちはみんな歴史の上に生きている…。歴史や伝承、過去の人々の思いにふれるたび、やっぱり昔の人は偉大だなぁと思えます。やっぱり歴史を知るのは楽しいです。

さてさて、また長々と書いてしまいました…とある方が2万文字までいいよ!って言うから…。私は事業所で主にデザイン関係の業務を行っているので、今回、絵も描いてみました。ではでは、またブログに遊びに来てください!KGでした!!

雪まつり

こんにちはNです。先週まで毎日マイナス10℃以下というとんでもない日々でしたが、ようやくその冷気も去りましたね。

そんな中、平成最後となる70回目の雪まつりが開催されましたが自分も行ってきました。

やはり大雪像は大きくて迫力がありましたね。特にHBC広場にあった貨物列車の雪像は迫力満載。よく見ればonちゃんもいました。

またUHB広場では今年スターウォーズエピソード9が公開されるということで巨大なC-3POとR2-D2が「私たちが主役ですよ」と言わんばかりにデカデカと目立っていました。

そして市民雪像で多かったのはNHKで放送されている「チコちゃんに叱られる!」のチコちゃんの雪像でした。去年・今年と色々と活躍したのと、さらにあの特徴的な顔がとても作りやすいんでしょうね。

夜中だと雪像にプロジェクションマッピングをするイベントがあったようですが、自分はあまりにも寒くて見には行きませんでした。来年は見てみたいですね。

インフルエンザ予防

皆さん、こんにちは。YYです。

最近、雪が多くなり寒いですね。(ここは札幌なので)
寒暖差アレルギーで喘息の出る僕は、外から室内に入った時に一番咳が出ます。
今はインフルエンザA型、流行していますね。

僕も一月にA型にかかってしまいました。
身体がとてもだるく、つらかったです。

A型はかなり感染力が強いみたいで、家族にうつらないように、部屋にアルコールスプレーをまいたり、やかんでお湯を沸かして加湿したり、対策をがんばりました。その成果があったのか、誰にもうつることはなく、一週間で完治させることができました。

加湿すると菌が弱まると聞いて実践していたのですが、「Y!知恵袋」の情報によると、湿度50%、室温21~24度で約6時間加湿することで、ウィルス生存率が3%まで下がるそうです。

加湿器などがなかったとしても、やかんでお湯を沸かしたり、洗濯物を干したりすることで、十分に対策ができると思うのでオススメです。

春が来るまでもう一息(?)なので、マスクやうがいなどで予防しつつ、日々健康に過ごしていきましょう!

平日と休日の使い分け

こんにちは。ポカです。

今回は、私自身の平日と休日の使い分けについて話したいと思います。

「仕事とプライベートは別」とか、「切り替えが大事」などとよく耳にしますが、僕は、以前(2,3年前)までこの切り替えが全くの苦手分野でした。

まー、公私混同するタイプでしたね。その頃は、正直自分を見失っていた時期で病状も安定していませんでした。そんな時にA型事業所に入職し、久しぶりに「仕事」についたのですが、最初は「仕事の体力」が全く無く、感覚としてプライベートの延長で会社に来ている感じでした。

当然、仕事には身が入らないし、実際業務中も他の利用者さんと雑談して終わっていました。そんな平日を過ごし、休日も好き勝手やっていましたが、どこか充実感がないというか、ふわふわした感じでした。そんな日々を過ごしていたのですが、何が自分の中で変わったのか、その後病状がある程度安定してくると、「今までの平日と休日の過ごし方じゃだめだよな」と思い、まず始めたのが、「よほど体調が悪い時以外は仕事を休まない事」と「休日もとにかく朝は起きて体のリズムを整える事」この二つをやってみました。

途中は何度か挫折しそうになった時もありましたが、このサイクルを僕の場合は1年かけて行った結果、体調も安定し、仕事に対する考え方もポジティブになりました。今では、「仕事は仕事」。プライベートでどんな事があっても、仕事の時は割り切って業務を行えるようになり、休日はしっかりリフレッシュできるようになりました。

考えてみると、ここまで来るのに様々な方の支えがあったと感じています。ただ、実体験として、支えや支援に甘えてきた自分もいたのは確かで、最終的には自分自身の「意識」次第で、その後の事柄が大きく変わるんだなと思いました。その「意識付け」を日々行った先に未来があると実感したのです。最後に、「平日(仕事)=意識的」「休日=無意識」ではなく、休日も(趣味でもいいので)意識的に行動していきたいなと思います。

人と話すこと

こんにちは。SMRです。

今回は昔はあまりしなかったがいまは好きになったことについて書きます。

それは、「人と話すこと」です。

私が人と話すことが好きになったのは、病気で入院したのがきっかけでした。

閉鎖病棟に入院した私は、作業療法などはあるにしても、一日を過ごす中でとにかく暇な時間が多く、ほかの入院患者さんと話をすることが多くなりました。

もともと私は口数が少なく、悩み事や相談事を人にすることが全く無く、なんでも一人で抱え込んでしまっていたのですが、入院した際にいっその事、自分のことを他人に開示してみたのです。

当初私は人に悩みや相談をするのは、その解決策を見つけるためだと当たり前のように考えていたのですが、人というのは人と話をし、自分の思っていることや考えていることを他人と共有するだけでも気持ちが楽になるのだという発見をしました。

自分の心の中にあるモヤモヤをなんとか言葉の形にして人に伝えるという経験は、どんな内容の反応が返ってくるかわからない以上、本来怖いものですし、勇気がいるものだと思います。

ですが、いまの私は、その反応がわからない状態だからこそ、人と話をすることが好きなのかもしれないのです。

どういうことかというと、いま、自分の中にあるモヤモヤしたものが、自分にとってはあやふやで曖昧なものだからこそ、自分の外に表出してその正体を知りたくなる。自分の知っていること、感じていること、考えていることの中では胸にストンと落ちる答えが見つからない状態だからこそ、自分にはない他人の視点が欲しくなるのです。

自分はこんなふうに感じるがあなたはどう感じるのか、そういうやり取りをする上で自分になかったものに触れることができ、自分にとってより馴染みの良い表現を獲得できたり、物事の捉え方をできるようになるのがとても楽しい。

私は人と会話するようになるまではこれを読書を通じて行っていました。読書には読書なりの良さがあるのですが、会話には会話なりの展開の多様性や独特の不規則さ(中途半端さ)があるような気がしてその時々の自分の気分に応じて好きな方をするようになりました。

読書は基本的に自分一人の時間が取れればできますが、会話は相手との兼ね合いもあるので融通がききにくいかもしれません。
ですが、会話というのは自分も、相手も、予想のしていなかったところに着地する面白さがあります。

あまり自分のことを話したがらないみなさんも何かに行き詰まったときや、あるいはその前段階のなんだがモヤモヤしている状態のときに、あまり気構えずに人と会話してみると思いもよらない光明が見えたり、気持ちが楽になる経験が得られるかもしれませんよ。

インフルエンザ流行中

こんにちは、Yです。

現在、就労移行支援ユニラボではインフルエンザが流行しており、利用者の約半数が感染しました。インフルエンザの予防には手洗いやうがいなど様々な方法がありますが、今日は「マヌカハニー」というはちみつをご紹介したいと思います。

マヌカハニーとは、ニュージーランドで自生するマヌカという花から採れるはちみつのことです。

マヌカハニーには「食品メチルグリオキサール」という他のはちみつには含まれていない殺菌成分が含まれており、その成分が喉の炎症に効果を発揮するそうです。その他にも整腸作用も期待されるはちみつであり、腸内環境が改善することにより免疫力の向上にも役立つそうです。

インフルエンザに対する効能としては、感染後の抗ウイルス薬(リレンザやタミフル)の単独使用と比較して、抗ウイルス薬とマヌカハニーを併用した場合、抗ウイルス薬の使用量を1000分の1まで減らしても同等の抗ウイルス効果が得られるという研究結果があるそうです。

最近ではマヌカハニーを使用したのど飴もありますので、食品からも風邪やインフルエンザへの対策を考えてみてはいかがでしょうか。

時の密度

皆さん初めまして。僕は就労移行支援ユニラボ在籍しているDOと言います。
今回のブログは僕が担当いたします。

今回のブログテーマは「時の密度」です。
何だか小難しい事のように見えますが、誰もが一度は経験したことのある話なのでお付き合い願います。

さてこの「時の密度」ですが、一番判りやすいたとえで言うと、
好きな事をしていると時間が経つのが速く感じ、逆に嫌いな事をしていると時間がゆっくりに感じるという誰もが1度は経験した事のある“あの”現象が一番身近なものだと思います。

僕のそれは我が家に初めてパソコンが来たのは2001年の春の事です。
中古のPower-Mac G-3 B&W、それが僕が初めて手にしたパソコンでした。
メインCPUの処理速度は400MHz。HDDは6GB。メインメモリは128MBと今となってはスマートフォンよりも慎ましい性能でしたが、パソコン初心者の僕にとってその性能は十分過ぎるものでした。

僕は一緒に買ったペンタブレットと、それに付属していたフォトショップLEと言うソフトを使って慣れない手つきで夢中でCGを描きはじめました。
寝食を忘れる程とは大袈裟ですが、それでも時間の許す限りMacの前にいたように思います。
そうしている時間は本当にあっという間に過ぎていき、それに比例するように絵の精度やタブレットの使い方も上達していきました。

正にこの期間が僕にとっての「時の密度」の渦中にいたのだと後になって気がつきましたが、渦中にいる時はただ楽しくてお尻が痛くなってくるのを我慢しながら、夢中になってペンをはしらせていたのです。

ただ何かに夢中になっている時の事を「時の密度」だとは思えません。
夢中な時間+何か?が「時の密度」になるのだと思います。
この「何か」はその人の体験する場面や状況によって様々に変化するのだと思います。

楽しい体験や、辛い体験、苦しい体験、嬉しい体験、それらの体験をしている時にその人の頭の中で、それまでとは違う回路が脳の中に築かれ、時間の重みを感じ普段と違う時間の流れ方を感じるのではないかと思います。
辛い時は時間は重く、楽しい時は時間は軽く、様々な時間の感覚が、その時頭の中を巡っていくのだと思います。

ではそれらの体験の基準になるものは何でしょう?

あくまでも僕自身の体験を基にしての意見ですが「心の熱量」が関係してくるのではないかと思います。
楽しいものであれ辛いものであれどんな体験にも通じているのはその人が心からその体験を受け止めているか? と言う事が重要な鍵だと思います。
心の熱量に比例して「時の密度」はその濃さや、深さを変えていくのだと思います。

つまり「夢中な時間」X「心の熱量」=「時の密度」と成ると思います。

間違いなくそういった「時の密度」を体験できた人は、
得がたい時間を経験したのだと思います。

去年の振り返り

明けましておめでとうございます。Tです。

2019年が始まり、約2週間が経ちますね。

自分にとって去年はずっとやり残していた事や後悔していた事を取り戻すため、ひたすら走り続けていた1年でした。

数年前から自分の中で引っかかってるものがあり、どうしても自分の中で消化して納得のできる状態にしたかったんです。

後悔しやすいわりに、すぐ言い訳をして物事を後回しにするタイプ…。

なので、自分を常に追い込んでいました(笑)

心残りだと思っていた事も、今がタイミングでやる時だったのかな? と、それが去年だったのかな? と思っています。

去年は長いようで短い一年でした。

今年はどんな年になるのでしょうか?
楽しみです。


※ぽろっぺスタンプ(https://store.line.me/stickershop/product/5702993/ja

冬の代名詞

こんにちはNです。

つい先週までは札幌では雪など降っておらず、通勤が非常に楽に感じていたと思っていたらいきなり冬になりましたね。おそらく来週以降はとんでもない量の雪が降って来そうです。

氷点下の日々が近づく中、暖房をガンガンと焚いている家も多くなっていますね。ところで私は生まれてこの方「こたつ」というものを使ったことをありません。なので、その利便性も快適さも全く知りません。一体どういうものなのか気になったことは何度もありますが、置いてある友達の家は一件もありませんでした。

それもそのはず、北海道のこたつの普及率は23%と47都道府県で47位と最下位で、沖縄よりも少ないようです。

理由として暖房設備が整っているから、こたつがなくてもなんともないから……という当然なもの。つまり家全体が温まっているのでこたつを置く必要がないというわけですね。

北海道でこたつが使われていないことは道外の人には驚かされるようですが、個人的には道外ではどうやって冬を乗り切っているのか気になります。逆に言えば北海道は、こたつ一つだけでは冬を乗り切れないということですね。

「冬靴」をご存知ですか?

こんにちは、XXです。

今回は北海道の厳しい冬の防寒対策について書こうと思ったのですが、前の方がすでに同じテーマで書いてらっしゃる上に今日の札幌はとても暖かいので別のことを書きます。ちなみにマルちゃんはワンタンスープよりも「激めん ワンタンメン」が好きです。

みなさんは「冬靴」という言葉を耳にしたことがありますか?

あるよ!と頷いたそこのあなたは高確率で北海道にゆかりのある方でしょう。

ここ北海道では、冬に履く用の靴を「冬靴」、それ以外のいわゆる普通の靴のことを「夏靴」と呼んでいます。

「冬靴」の一番の特長は、なんといっても靴底が雪道で滑らないように加工されていることです。言葉では説明しづらいのですが、気になる方は画像検索してみてください。ここで私の冬靴の写真を載せることができれば面白かったのですが、あいにく今日は「夏靴」でした。暖かかったので。

言うまでもなく冬の防寒対策は重要ですが、北国においては雪道対策も重要です。ツルツルの道で滑って転んでしまうのは受験生じゃなくても勘弁なのです。ケガの元ですし、特に横断歩道なんかでやらかすととても恥ずかしい!

……しかしながら、「絶対に滑らない冬靴」というのは存在しません。どれだけ良い道具を持っていても、時に人は物理法則を見誤り転んでしまいます。雪道の歩き方を長年の経験で熟知しているはずのベテラン北海道民ですら、冬が来るたびに転倒の恐怖と戦うことになるのです。

車はもっと大変です。スタッドレスタイヤという「車の冬靴」は存在しますが、雪道を運転する難しさは暖かい地域のみなさんも想像に難くないでしょう。

ミスをゼロにすることは不可能ですが、限りなくゼロに近づけることは可能だと思います。

札幌もこれから本格的に雪道になります。準備を怠ることなく、万全の状態で真冬の季節を迎えたいですね。そして、もし転んでしまったときにどうリカバリーするかも考えていきたいところです。

ご清聴ありがとうございました。