「冬靴」をご存知ですか?

こんにちは、XXです。

今回は北海道の厳しい冬の防寒対策について書こうと思ったのですが、前の方がすでに同じテーマで書いてらっしゃる上に今日の札幌はとても暖かいので別のことを書きます。ちなみにマルちゃんはワンタンスープよりも「激めん ワンタンメン」が好きです。

みなさんは「冬靴」という言葉を耳にしたことがありますか?

あるよ!と頷いたそこのあなたは高確率で北海道にゆかりのある方でしょう。

ここ北海道では、冬に履く用の靴を「冬靴」、それ以外のいわゆる普通の靴のことを「夏靴」と呼んでいます。

「冬靴」の一番の特長は、なんといっても靴底が雪道で滑らないように加工されていることです。言葉では説明しづらいのですが、気になる方は画像検索してみてください。ここで私の冬靴の写真を載せることができれば面白かったのですが、あいにく今日は「夏靴」でした。暖かかったので。

言うまでもなく冬の防寒対策は重要ですが、北国においては雪道対策も重要です。ツルツルの道で滑って転んでしまうのは受験生じゃなくても勘弁なのです。ケガの元ですし、特に横断歩道なんかでやらかすととても恥ずかしい!

……しかしながら、「絶対に滑らない冬靴」というのは存在しません。どれだけ良い道具を持っていても、時に人は物理法則を見誤り転んでしまいます。雪道の歩き方を長年の経験で熟知しているはずのベテラン北海道民ですら、冬が来るたびに転倒の恐怖と戦うことになるのです。

車はもっと大変です。スタッドレスタイヤという「車の冬靴」は存在しますが、雪道を運転する難しさは暖かい地域のみなさんも想像に難くないでしょう。

ミスをゼロにすることは不可能ですが、限りなくゼロに近づけることは可能だと思います。

札幌もこれから本格的に雪道になります。準備を怠ることなく、万全の状態で真冬の季節を迎えたいですね。そして、もし転んでしまったときにどうリカバリーするかも考えていきたいところです。

ご清聴ありがとうございました。